work

【インフルエンサー/インスタグラマーの収入】インスタグラマーって儲かる?儲からない?

Pocket

2019年現在、日本国内におけるInstagramのアクティブユーザー数は3300万人と言われています。

日本の人口は1億2632万人(2019年調べ)と言われているので日本人の4人に1人はインスタグラムユーザーということになります。

日本におけるSNS市場の中ではLINEやツイッターに次いでアクティブユーザー数が多いのがInstagramです。(1位 LINE→8000万人 / 2位 twitter→4500万人)

Instagramの最大の特徴は何と言っても”写真がメインのSNS”というところにあります。

この特徴はビジネスにおいても力を発揮しており、いまではインスタグラマーと言われるインフルエンサーとしてフリーで活躍している方もたくさんいます。

今回はインスタグラマーは本当に儲かるのか?について考察します。

1.「メインは広告収入」

インスタグラマーの今の主な収入源は広告収入になります。

自らのInstagramアカウントをメディア(媒体)として広告主に提供することで対価を得る仕組みになっています。

自らのターゲットにリーチできる魅力的な媒体を探している広告主のニーズとそれに見合うメディアを所有するインフルエンサーとがマッチングすることで初めてビジネスとして成立します。

日本では広告代理店やマネージメント事務所などが広告主とインフルエンサーの間に入り、

ニーズに合わせてインフルエンサーをキャスティングするケースが一般的です。

2.「インスタグラマーのお給料はいくら?」

一般的にインスタグラマーの年収は300万〜1000万円ほどと言われています。

もちろん上手くいっているインスタグラマーが上記ほどの年収なのに対し、そうでないインスタグラマーも沢山いるのであくまで上手くいっている例として参考にしましょう。

近年、ビジネスモデルは目まぐるしく変化してきているので一概には断定できませんが、インスタグラマーに関しては基本的にはフォロワー数が広告掲載費用に一番大きく影響します。

マネージメント事務所や代理店側が広告主に対して費用を設定している場合が多く、一般的には1フォロワーあたり1円〜6円程の費用計算が相場になる言われています。

つまり、1万人のフォロワー数を所有するアカウントに広告掲載を依頼する場合、少なくとも1万〜6万円が1案件(1投稿)ごとにかかってくることになります。

これがインスタグラマーとしての売上になります。

この売上の中からインフルエンサーとしての収入が発生してくるのですが、契約形態やビジネスモデル、案件によってインフルエンサーの取り分が大きく変わってきます。

3.「インスタグラマーになるには?」

当たり前ですが、インスタグラマーになるにはそれ相応のフォロワー数が必要です。

また、フォロワー数だけでは無く、クライアント(広告主)のニーズに応えられる媒体を用意できるかどうかも重要な要素になってきます。

つまり、フォロワーの質です。

男性ばかりのフォロワーがいても美容関係のクライアントから依頼は来ないでしょう。

美容関係のクライアントから依頼が欲しければ女性のフォロワーを増やすようなコンテンツを投稿し、アカウントを媒体として作っていくことが求められます。

クライアントのニーズを感じ取り、自らのアカウントをブランディングしていく視点が強く求められますのでインスタグラマーを本業として一本でやるのは華やかな見た目以上にタフな仕事です。

また、WEB広告ビジネスは絶えず変化しています。

Instagramのユーザーもいつまでも3300万人いるという保証はどこにもありません。

そういった意味でもクライアントのニーズを絶えず考え、新しい媒体にも適応していけるようインフルエンサーとして常に情報力が求められるでしょう。