health,  love

【失恋した時の対処法】彼氏、片思い、フラれて傷ついた時に気持ちを落ち着ける食べ物とは?

Pocket

失恋した直後は何も食べる気が起きないですよね。

一生お腹が空かないんじゃないかくらい全く食欲がなくなります。

失恋した直後は過度なストレスが体にかかり、自律神経の交感神経を過剰に刺激します。

その結果、消化吸収を促進している副交感神経の働きが抑制されてしまい、食欲がなくなります。

また、失恋直後にはこれまた自律神経の乱れから血糖値をあげてしまうホルモンが発生し、満腹中枢を刺激してしまうので脳も満腹と判断してしいます。

とにかく食欲のない失恋直後ですが、全く食欲がなくても食べないわけにはいかないですよね。

消化しやすいものを選んで食べるのも勿論ですが、まずは傷ついた気持ちを少しでも落ち着けたいところです。

今回は失恋した後に気持ちを落ち着かせる効果がある食べ物をご紹介いたします。

1.「鍵となるのは”セロトニン”」

失恋した後に効果のある食べ物を選ぶ上で鍵となる脳内物質があります。

「セロトニン」と言われる脳内物質です。

セロトニンは別名”幸せホルモン”とも言われ、心のバランスを保つ上で非常に重要な脳内物質です。

セロトニンは感情や気分をコントロールし、精神の安定に大きく関わっています。

セロトニンが不足することでストレス障害やうつ病、睡眠障害などになる場合もあります。

失恋直後のセロトニン不足は避けたいところです。

セロトニンはあくまでも脳内物質なので食材から摂取するわけではありませせん。

体の中で生成する必要があります。

セロトニンの生成を促す為にはこの脳内物質を生成する原料となる栄養素を多く含む食材を積極的に摂取しましょう。

2.「トリプトファン」

セロトニンを生成する上で必須となる栄養素が「トリプトファン」という栄養素です。

トリプトファンはアミノ酸の一種で人における9つの必須アミノ酸の1つです。

このトリプトファンを食べ物やサプリから摂取することで体内でセロトニンが生成され、精神の安定に繋がります。

失恋直後はこのトリプトファンをいかにして体に取り込むかが重要になってきます。

3.「魚介類」

トリプトファンの含有量が多い食べ物でまず上がるのが魚介類です。

カツオやマグロなどの赤身にはトリプトファンが多く含まれており、

100g当たり、およそ300mgのトリプトファンが含まれていると言われています。

また赤身以外の魚介類でもトリプトファンの含有量が多いのが、スジコやタラコです。

タラコに関しては100g当たり、280mgと赤身よりも少ないですが、

スジコに関しては100g当たり、330mgも含まれており、特にトリプトファンが多く含まれる魚介類です。

4.「肉類」

トリプトファンは肉類にも多く含まれています。

特に牛肉や豚肉などの赤身肉やレバーなどには100g当たり、

おおよそ200mg〜280mgのトリプトファンが含まれていると言われています。

含有量だけで比較すると魚介類には劣りますが、セロトニンの生成を促す意味では積極的に摂取したい食材の一つでしょう。

5.「乳製品」

乳製品にもトリプトファンが多く含まれています。

特にナチュラルチーズには100g当たり、おおよそ380mgのトリプトファンが含まれています。

短な食材でトリプトファンを摂取できる食べ物としてはナチュラルチーズがダントツでトリプトファンの含有量が多いと言えます。

6.「大豆類」

ここまでは主に動物性の食材からトリプトファンファンの多い食材をご紹介しましたが、植物性の食材からもトリプトファンを摂取することができます。

特に大豆類には多くのトリプトファンが含まれています。

私たち日本人に短な豆腐には100g当たり、100mgのトリプトファンが含まれています。納豆に関しては100g当たり、240mgも含まれています。

動物性の食材と比較すると含有量は劣りますが、特にオススメしたいのはこの大豆類からの摂取です。

動物性の食材にはトリプトファンが多く含まれる一方で脳への取り込みを阻害する物質も含まれており、バランスのよい食事を工夫しないといけない為、忙しい日々の食生活から正しく摂取するのは簡単ではありません。

大豆類であれば比較的、吸収されやすいので日々取り入れやすいのは大豆類からの摂取と言えます。