love

【好きな男性からLINEの返信がこない時の対処法】片思い、気になる相手、LINEを返さない男性の心理とは?

Pocket

恋愛とは切っても切り離せないLINE。

日本では気になる相手との連絡ツールとしてLINEを使う人がほとんどでしょう。

LINEは機能の1つとして”既読確認”ができますよね。

仕事で使う場面や友達と連絡を取る時などは相手の既読確認ができると非常に便利です。

ただ、気になる相手、好きな相手となるとまた話は別です。

片思い中、”気になる男性からLINEの返信が遅い”という悩みを持つ女性は多いと思います。

既読がついているのになぜ返信がないのか?

今回はLINEの返信が遅い男性の心理、返信が中々こない相手への対処法について考察します。

1.「好かれたければ相手のペースに合わせる」

まず、大前提として”LINEの返信が遅いな”とあなたが感じているということは間違いなく相手はあなたよりも気持ち的に盛り上がっていない状態です。

まずは自分の気持ちを落ち着けることに専念しましょう。

LINEの返信がない理由によく「仕事が忙しい」、「そもそもLINEが苦手」という記事がありますが、男性はどんなに忙しくてもどんなにマメじゃなくても好きな相手、気になる相手にはLINEを返します。

遅くなることはあっても少なくとも返さないなんてことは絶対ありません。

付き合う前の段階であれば尚更です。

相手に引かれない為にもまずは自分の盛り上がり過ぎている気持ちを落ち着けるという意識を持ちましょう。

そのほうが100%上手くいきます。

焦らなくて大丈夫です。

相手のテンションが自分よりも落ち着いているのはあなたも感じているはずです。

相手の返信が遅くても別にあなたのことを嫌っているからではありません。

相手に好かれたいのであれば無理やりこちらのテンションに合わせようとするのではなく、相手のペースにこちらが合わせる感覚を持つべきです。

2.「既読はすぐにはつけない」

好きな相手から久しぶりLINEが来た時はすぐに見たいと思いますよね?

前述した通り、好かれたければまずは気持ちを落ち着かせ、すぐに既読をつけるのは避けましょう。

男性は基本的に追われるよりも追いたいのでそこまで気持ちが盛り上がっていない相手から既読がすぐつくと圧迫感を感じ、また次の返信が遅くなります。

3.「質問攻めは逆効果」

好きな相手にLINEをする時は質問で終わるような文面がいいとよく言われていますよね。

ただ、これを鵜呑みにし過ぎるのもやはり危険です。

確かに質問をLINEで投げかけていれば男性も返信がしやすいでしょう。

適度に入れるのは効果的ですが、質問攻めは逆効果です。

2つも3つも質問がくると圧迫感を与えかねません。

一回のLINEにつき質問は1つまでと決めましょう。

少し控えめで物足りないくらいが相手からすればちょうどいいはずです。

4.「LINEはただのツール」

もし男性からのLINEが素っ気ないと感じているならLINEでなんとかしようという考えはやめて、要件をやり取りするくらいの内容にしましょう。

相手のLINEが素っ気ない場合はこちらも無理にLINEでのやり取りを盛り上げようとはせず、要件をやり取りするくらいのイメージが好ましいです。

この場合、LINEでのやり取りを相手との距離を縮めるための場と考えるのはやめ、会う約束を取り付けるツールとして使いましょう。

“距離を縮めるのは会った時”と割り切る方が上手くいきます。

LINEはあくまでもツールです。

無理なLINEのせいで会えなくなってしまっては本末転倒です。