love

【男ウケのいい服装】男性から好感度の高い、モテるファッションとは?

Pocket

どんな場面でも相手の第一印象を左右する上で「服装」、「ファッション」の重要性は無視できません。

仕事での商談や受験での面接、人生を大きく左右するような大舞台で相手から最初に試されるのが「服装」、「ファッション」です。

清潔感はもちろん、どんなものを好んでいるのか、どんな意識でこの場に来ているのかを計り知ることができます。

もちろん恋愛の色々な局面においても大きく相手の印象を左右するでしょう。

今回は男性目線からみた女性の服装、ファッションについて考察します。

1.「男ウケのいいファッションとは?」

男性は基本的に女性よりもファッションに無頓着です。

女性が気を配っているようなポイントに気付ける男性は少数派なのでファッションに関しては基本的には雰囲気でしか見ていません。

従って、大きく分類できる見た目の違いをわかりやすくファッションで言語化すると以下の二つに分けられます。

それは「清楚系」、「ギャル系」の2パターンです。

もう少しわかりやすく言うと、可愛い雰囲気か、セクシーな雰囲気かということです。

大抵の男性は女性のファッションを分類した時、この2パターンでしか分類しません。というかほぼできません。

どちらがモテるのかは正直男性の好みですが、多数派なのはどちらかと言えば清楚系、可愛い雰囲気でしょう。

男性は基本的に女性よりも優位に立ちたいと思う生き物です。

ギャル系、セクシーな雰囲気の女性に対しては興味が湧きやすく、好奇心も高まりますが、ハードルの高さや主張の強さを感じやすく、取っ付きにくさも同時に感じてしまいます。

“付き合いたい”と思うのはむしろ清楚系です。

男性は単純なので清楚系で可愛い雰囲気の女性に対してはギャル系でセクシーな雰囲気の女性とは対照的に控えめで奥床しい印象を受けやすいです。

男性は誰でも少なからず、自分を立ててくれるような女性を理想としています。

2.「清楚系の定義とは?」

無頓着な男性なりに分類している清楚系と女性誌などで定義される女性の考える清楚系には乖離があります。

そもそも清楚系かギャル系かの本質は服装よりも髪型(ヘアカラー)やメイクによって区分されることの方が多いでしょう。

今回はファッションに関して大雑把な男性目線を理解してもらう為に敢えて「モテる服装」というだけではなく、「モテるファッション」という視点で「清楚系」、「ギャル系」を定義付けします。

清楚系かギャル系かを区分する男性目線のバロメーターは以下の通りです。

①ヘアカラーの明るさ

②メイクの濃さ

③露出の多さ

④サイズ感のタイトさ

以上の4つの項目では明るければ明るいほど、濃ければ濃いほど、多いほど、タイトなほどギャル系と分類されます。

つまり、4つのバロメーターが低いほど清楚系と言えます。

どちらがいい悪いではなく、好みの問題なのでもちろん優劣はありませが、大半の男性は二分した時にどちらかと言えば清楚寄りのバロメーターを好むでしょう。

ただし、バロメーターの振り幅は好みが影響します。

よって男性の好みがわからないうちは清楚系よりのバロメータを意識するべきでしょう。

3.「色気と清楚のバランスを考える」

ここまではいかに男性から清楚系のウケがいいかについて書いてきましたが、決してギャル系でセクシーな雰囲気を否定しているわけではありません。

ここまでと全く反対のことを書きますが、男性でセクシーな女性を嫌う人はいません。

ただ、「自分のものにできるか?」と言う観点で見た時には少なからず”高嶺の花”と感じてしまいやすいので必然的に清楚系の女性を口説こうと思う人の方が多い=清楚系がモテると言うことです。

セクシーさを全面に出すのではなく、程よく取り入れることができれば男性ウケを狙う上では理想的でしょう。

何事もやりすぎは良くありません。バランスをとることが最も重要です。